健康・ダイエット・投資の気になる情報

悪玉コレステロールと中性脂肪の関係

中性脂肪もコレステロールも血液中に多すぎると毒となりますが、少なすぎても健康に害を及ぼしてしまいます。非常に難しいのですが、適度にあることが望ましい脂肪分なのです。
誤解されやすいのですが、中性脂肪とコレステロールは脂質であること以外まったく別の物質です。働きがまるで異なりますので、それぞれの特徴をよく知っておくことが大切です。
中性脂肪は、エネルギーを作り出す働きをしています。燃焼することで体の機能を効率よく動かすことができるのです。血管に詰まるような心配はありませんが、増えすぎると体脂肪として蓄積してしまいますので注意が必要です。
一方のコレステロールは細胞膜の生成に必要な脂肪成分です。また、女性ホルモンや男性ホルモンの働きを助けたるためにも必要となります。しかし、増えすぎてしまうと血管に詰まって動脈硬化、心筋梗塞などの成人病のリスクを高めてしまいます。
コレステロールには悪玉と善玉がるあることが良く知られています。善玉コレステロールの働きは悪玉コレステロールの駆除ですから、善玉と悪玉のバランスが取れている状態では、血液の流れも滞ることはありません。
しかし、悪玉コレステロールや中性脂肪が増えすぎてしまうと、善玉コレステロールの数か減少してしまい、成人病のリスクが高くなるという特徴があります。
コレステロール値は食事や運動などでコントロールがしやすいので、暴飲暴食を控えて規則正しい生活をこころ掛ければコレステロールのバランスも良い方向で維持できるのです。
中性脂肪・コレステロールが気になる人にお勧めサイト:コレステロールサプリ

セルライトケアにおすすめのエルセーヌ

エルセーヌでおすすめ部位はどこ?

 

エルセーヌの施術でおすすめ部位は、脚です。
今なら、「美脚時代コース」が体験価格となっており、たったの525円で体験することができます。
エルセーヌの「美脚時代コース」では、血行を促進しながらセルライトケアを行うセルライトのエステサロンということが特徴となっています。
ハーブが配合されたイオンパックで、全身を温め、血流を促進してから、トリートメント施術に入りますが、これはエルセーヌならではの施術方法となっています。
血流が悪い状態で、いくらハンドマッサージやマシンでセルライトケアに働きかけても効果は半減するのです。
エルセーヌの「美脚時代コース」は、女性らしい健康を備えた、引き締まった脚を目指します。
口コミでは1回の施術でも効果が実感できたという投稿も多いので、まずは体験コースを受けてみてはいかがでしょうか。

 

エルセーヌでおすすめコースはどれ?
エルセーヌでは「30代からのフェザーボディーコース」をおすすめします。
エステでは、ハンドテクで、ぜい肉を絞りすぎてしまうということもあります。
10代や20代の若い層ではその方法で十分効果が得られますが、基礎代謝が低下している30代以降の方はその方法では効果が得にくくなっています。
エルセーヌは、ストレッチと遠赤外線ドームにより血行を促進し、それからハンドテクで贅肉を絞っていきます。

 

「美脚時代コース」と同様、まずは血流を促進し、そのあとで贅肉に働きかけるので、各美実脂肪を除去できます。
エステティシャンによるハンドテクは、「イタ気持ちいい」といった感じで脂肪にしっかりアプローチしていきます。
そして、コース終了後には、身体が軽くなったことを実感できます。
ベッドから起き上がると、施術前と全く違う身体の感覚に驚くことと思います。
重かった脂肪がしっかり抜き取られたという感覚が得られ、結構快感です!

 

もちろん、ハンドテク施術後には、身体を芯から温めていくイオンパックを行っていますので、寒い冬には最適の施術です。
体中が温まって、その効果が持続するため、頑固な冷え性が改善されたという方も多くなっています。
今だけ「30代からのフェザーボディーコース」も90分の施術がたったの525円で体験することができます。人気の高いコースなので早めに予約してください。

 

エルセーヌは優秀なエステティシャンが揃っていますので、電話で困ったことやや痩せたい部位を伝え、予約時に「自分に向いているコースはどれか?」など、相談するのも良いでしょう。プロの目で最適のコースを提案してもらえます。

 

中性脂肪と肝臓サプリ

中性脂肪は、多過ぎることはもちろん、少なすぎても身体にはよくないと言われています。
現代は、外食産業が盛んになっていることもあり、肥満に悩む日本人が増加し、それに伴い、中性脂肪が高いことを指摘される方も多くなっています。
中性脂肪を増加させる原因は、脂肪を多く含む食べ物、甘い物、清涼飲料などが挙げられますが、実際にはそれだけが原因ではないようです。
脂肪を多く含む食べ物ばかりではなく、エネルギーのある食べ物は全て、体内に取り込まれると中性脂肪の原因となるとのことです。
つまり、食物繊維など体内で消化や吸収されない成分以外はすべて中性脂肪を生成するものとなっています。

 

1日に必要なエネルギー量は、男性の場合、約2200kcal、女性の場合、1800kcalとのことです。1日にこれ以上のカロリーを摂取すると、余分なエネルギーが体内に中性脂肪として溜まっていきます。

 

特に注意が必要なのがアルコールです。
いくら食事に気を遣ったとしても、アルコールを大量に飲むと、体内で中性脂肪が溜まりやすくなります。
アルコールは意外とカロリーが高く、アルコールを摂取し過ぎると、肝臓はフルで活動しなければならなくなるため、肝機能が低下しやすくなり、中性脂肪が溜まりやすくなるのです。

 

日常的にアルコールを摂取する習慣があるという方は、アルコールの摂取を控えめにする、または、休肝日を設けるようにしてください。
参考:肝臓病サプリメント

妊娠しやすいセックスとはどんなもの?

妊娠にしやすいのは排卵日ではなくて、その4日前からです。さらに言えば、最適なのは排卵日の2日前から排卵日の前日なのです。

 

 

■日ごろからのスキンシップが大切!
しっかり時期を見計らって、子作り(セックス)しているのにうまくいかない、という嘆きは少なくありません。でも、そこであきらめてはいけません。当然のことながら、子作り(セックス)の回数を増やすことで妊娠の可能性は高まります。
また、最適な日だけというのではなく、日ごろからのスキンシップ、子作り(セックス)を心がけて可能性を高めていきましょう。

 

 

■どんな体位が有効?
妊娠する確率の高い体位はありません。要は、精子が膣の中で射精されれば良いのです。
特に体位を気にすることなく、お互いにとって心地よい無理のない子作り(セックス)が大切です。

 

 

■冷え性への対応を忘れずに!

 

女の人に冷え性は多いからと軽く考えがちですが、冷え性を軽く考えてはいけません。
体が冷えてしまうと血行が悪くなり卵巣に十分な栄養や酸素が行き渡らなくなります。それが卵巣の機能を低下させてしまいます。結果として正常な排卵が行われなくなるのです。
ですから、冷え性への対応をおろそかにしないように気をつけましょう。
あまり難しく考えることはありません。入浴の際には湯船でしっかり温まる、体の内側から温まる食事を心がけるなど、ちょっとしたことで効果があらわれます。
冷え性は冬場だけではありません。女性の周りにはいつも、冷え性の危険がぐらいの気持ちで対応した方がよいでしょう。

更新履歴